短編:KYOと俳優N氏の対談・つきこさんと16歳年上の僕(外伝)

1993年12月下旬号・20代から50代までがターゲットの総合誌


料理、服、手作り、音楽、楽器、映画、化粧品などなどの雑誌。

男性にも手に取りやすい表紙。全国で発売している。


インタビュアー(以下イ)


イ:今回は今を時めくKYOさんと俳優でミュージシャンのNさんの

音楽対談をお楽しみください。


KYO:今年も一人でクリスマスでした。音楽では甘い雰囲気の

2人なんて歌っていますが(ちなみに対談は11月中旬である)。


俳優N:俺も60近いけれど独身だし。KYO君なんて若いから

美人のファンも、そうでない人もいっぱいいるんじゃないの?

(記事にはないが独身は大嘘)


KYO:僕のファンの方々はみんな素敵な人たちですよ。


俳優N:だろうね。ところで音楽。僕はね歌を歌うんだよ。


イ:A面が、雨の都内をゴーゴーガールハント、B面が

泣かせても俺は謝らない、タイトルはNさんが決めた?


俳優N:男っぽいだろう?20年ちょっと前だからね

KYO君みたいに軟弱なのはダメだったんだよ。


イ:軟弱...


KYO:僕は昔だったら歌っていないってことですね。


俳優N:そうだね。俺は今だって小さい規模だけど

コンサートもやるし、ガールハントもするよ。


イ:ガールハント?

(記事にはしていないが今はナンパという)


KYO:聞きたいですね。どんなことを?


俳優N:まずコンサートに来てくれるファンにお礼を

するんだ。昼のコンサートなら、みんなでお茶に行くとか。


KYO:2,000人のホールだとむずかしいな。無理だよ。


俳優N:カラオケボックスで2時間で1人から6千円位取る。

10人いたら2人は残るからね。6千円のコンサート代から

1人500円使ってお茶を飲みに行けばまあこちらの懐は痛まん。


イ:ファンが納得すればカラオケボックスもコンサートの

会場ですか。ずっとNさんが歌うんですか?


俳優N:俺、2曲しかないから5回位ずつ歌うよ。

あとはファンミーティングだね。俺にものすごく近い場所で

会えるのは、そういうコンサートだな。今は忙しいから都内

ばかりだけど、是非とも他県でもやりたいんでよろしくね。


イ:俳優Nさんに会いたい方は、連絡を、ということですか。

話変わってKYOさんはギターの腕はどこで磨いたのですか?


KYO:双子の弟と切磋琢磨しました。2卵性なので全く似ていない

弟なんですが。色が白いところだけは似ているかな?


イ:これって、新情報じゃないんですか?うちに載せていいと?


KYO:隠していたってばれるでしょう。誰かのお尻触るとか胸触る

人がそばにいるとかそういう情報じゃないんだから、どうぞ。


俳優N:隠していたってばれる。確かにね。じゃあ俺もばらすと

俺はキーボードを弾くんだよ。今も持ってきているから、1曲

一緒に弾かないか?


KYO:エレキじゃないほうがいいみたいですね。

イ:(アコースティックでお願いしますNさんアンプないんです)


2人で演奏。

(記事にはなっていないがN氏は弾けちゃうKEYボードの中から

ポチリとボタンを押して、あとは何もしない。KYOはあわてて

その曲に合わせてコードをかき鳴らしていた)


俳優N:いやあ、楽しかったね。音楽はいい。君の演奏は今回

少し下手くそだったぞ。まあね、忙しいから疲れているんだな。


KYO:作詞、作曲、編曲やると肩こりますね。


俳優N:KYO君は楽譜書いてピアノも弾くの?


KYO:はい。スタジオで必要ならばピアノも録音します。


俳優N:俺はね、絶対音感があるから(記事にしないが

KYOがむせた。失礼しますと立ち上がり、部屋の反対方向で

後ろを向いてゲラゲラ笑った)ピアノはいらないし

歌は作ってもらうほうが気楽だよ。すぐ覚えるしね。


KYO:ご自分で作らなくてもみんなが心地よく聞ければ。


俳優N:そうなんだよ、まさにそれ、君はいいことを言う。

小さなカラオケさんでも会いに行きますよ。

地方でも行きますからどうぞよろしく。

お誕生日会や同窓会にいかがですか?

条件さえ合えば、国内どこにでも行きます。


KYO:旦那さんの出張が増えると年末年始は奥さんが

さみしいんじゃないですか?


俳優N:俺は泊まらない仕事ばかり。泊りは殺されそうになる。

あ、あ、あ、俺らの世代ってことね。俺のことじゃないよ。

KYO君勘違いしてない?


KYO:ああ、今僕、記憶が飛んでた。弟家族にクリスマス

何贈ったっけ?義妹がまた可愛いんですよ。ギター弾くんです。


イ:では弟さんと義妹さんとKYOさんでギター弾くんですね。

やっぱり義妹さんはアコースティック?


KYO:両方です。僕はエレキが合ってると思うけれど。


俳優N:モテない人はしようがないね。弟さんのお嫁さん

眺めてちゃダメじゃないか。うちの娘、じゃなかった遠縁の

娘を紹介しようか?(記事には載っていないがKYOに写真を

見せるN氏。KYOは黙ってみるが顔色1つ変えず)

(KYO:遠縁の方、Nさんにそっくりですね。歌ったり

女優さんしたりする方ですか?)


(ここで休憩が入った。N氏がKYOに近づく。家族の写真

見せてよと言う。KYOは、今持っていませんと言う。

自分の手からはなさないでいるカップに廊下の浄水器から

水を汲んできた)


KYO:僕はまだお嫁さんを迎えられるほど甲斐性がないです。

将来のことを考えて稼げるだけ頑張らないと。Nさんみたいに

俳優さんで音楽もやれるとか、器用じゃないですし。


俳優N:まあ、うちの遠縁の子はもう36歳。34歳の君よりも

少し年上だからね。俺がすぐに大金持ちにでも嫁がせるさ。


KYO:そのほうがいいですよ。僕はキリギリスかセミです。

でもね、歌うのはやめられないから。1年中鳴いています(笑)。


で、お疲れさまでした、になったけれど。

こんなひどい記事でも大変だったみたいですが記事にあるKYOの

写真はすごく綺麗でした。